ホーム
FMCブログ

2010/8/12~15 第38回NFAフルートコンベンション

2010年8月31日

NFA フルートコンベンションに参加して

 

 日本でもお馴染みとなっているフルートコンベンションですが、実はその元となっているのはこのNFAアメリカのコンベンションです。約30年前、今の日本フルート協会会長の峰岸先生が中心となって、当時アメリカで非常に大きな反響を得ていたこの催しを是非日本でも、と日本版コンベンションを企画したのでした。

 第一回は日本の出来るだけ中央で、そして多くの人が集まり、宿泊施設や音楽が出来る環境をということで静岡県掛川市にあるヤマハの音楽施設「つま恋」が会場となりました。当時は地方でのフルートフェスティバルなども無い時代でこの大掛かりな催しは大変な反響でした。世界中から著名な演奏家が集まり、世界的なコンクールをはじめとして中高生でも参加できるアンサンブルのコンクール、また、世界でも中心となりつつあった日本のほとんどのメーカーが楽器の展示を行いました。

 日本での参加者はこれまで約1500人と言われてきましたがアメリカの参加者は約3000名、他にもダブルリードや打楽器の展示会などが全米では行われていますがこれほどの参加者は無いそうです。

 日本では隔年(一年おき)で行われますが、アメリカは毎年この時期に州持ち回りで行われます。昨年はニューヨーク、今年は西海岸のカリフォルニア、アナハイムで8/12~15まで行われました。

 日本では酷暑の毎日でしたがアナハイムは大変涼しく、朝晩は20度前後で少し寒いくらいでした。考えてみるとこの近くにあるディズニーランドは良い気候の中で楽しめるんだな、と変に感心してしまいました。

 

 さて、肝心のコンベンションですが、会場はマリオットホテルの1Fにある催事場。非常に天井の高い広いスペースを使って行われました。

 マスターズの販売を担当するのは「フルートセンターofニューヨーク」、ニューヨークで1番と言われるお店です。会場の中央入り口の真ん中にブースを構え、4口分の大変広いスペースを存分に使っての大変パワフルな展示となりました。主な商品は古い楽器の再生品やビンテージ物ですがそんな中でマスターズの楽器は異彩を放ち、かなり注目の的であったと思います。

s-FCON

 アメリカと言えども参加される一般の方はやはり素人の方がほとんどですから、最初から見ただけで『この楽器はすごい』などと分かる人は少なく、最初は遠めに眺めながら「ふ~ん、日本製か」と横目に眺めながら通り過ぎるだけでした。しかし途中からどういうわけか人が集まりだしたのです。それもマスターシステムやピンレスのシステムなど、マスターズ特有のメカに関心を持ち質問してくる人が増えてきました。どうやらその影響を与えた人物は隣のブース(ナガハラフルート)の技術者で初日から興味深く眺めていたと思ったら、いろんな人にその話を広げていたようです。こちらが伝えた事をそのまま聴いて理解した人たちが多く押しかけ、どうしてそんな事知ってるの?とこちらが首をかしげたくらいです。

 

 何にしてもそのおかげで評判が立ち、最後の日にはかなり注目を浴びていたように感じました。世界中のほかの技術者達に注目を浴び、口コミで広がり、いずれはお客様の関心を引く存在になる、これはひょっとしたら新しいビジネスの方法と言えるかもしれませんね。

 

 円高、株安といった景気状況の中で貿易の不振は今後も続く気配です。でもこういった活動を少しづつ進め、いつか世界にマスターズフルートの基盤を作り上げて行きたいと思います。

 

投稿者:野島洋一



2010/08/09 吉村昌十門下生調整会

2010年8月28日

日時:2010年8月9日(月)

場所:植村楽器/名古屋市千種区

 

 8/14に行われる発表会の前に、出演者の楽器の調整会行いたいとの植村楽器さんの依頼で行いました。本番前のこの時期に楽器のチェックと良い状態にする調整会は大変効果があると思います。何より生徒さんが安心して本番に臨むことができ、充実した演奏になると思います。

 

 この日は吉村先生が今回参加できない生徒の楽器を数本お持ちになり、そのほかにご自身で4名ほど調整会に来られました。通常お使いになっている楽器ですから、それほど大きな問題は無いはずなのですが、中々どうして、良くこれで練習ができますね、

と言うような状態のものも・・・・・。

 

 時間を掛けてじっくりと作業する事が出来たので通常の調整会よりも満足のいく調整会が出来たと思います。

 

 フルートは特に事故などが無く、通常通り使っていてもタンポの調整などが自然に変化し、鳴りにくくなってくるものです。使っている本人は徐々に変化するので気が付かない事が多いのですが息漏れを起こすまでいかなくても管の響きを吸ってしまうような症状が出ている楽器がほとんど、と言うのが現状ですので、どうか何も問題が無いと感じていても年に1~2度の調整は心掛けていただきたいと思っています。

 

s-DSCN0445

 

投稿者:野島洋一



2010/08/11 恒例夏休み前イヴェント (会社慰労会)

2010年8月12日

8月11日 夏休み前につき恒例の大掃除&慰労会です。

フルート教室の先生も交え会社食堂で焼き肉&お寿司でパーティーです。

今年は新人2人が加入して例年以上の盛り上がりのある会となりました。

 

フルート教室の田中先生、中村先生ご参加ありがとうございました。

スタッフの皆さんも夏休み明けからまた半年間がんばりましょうね!!!

iroukai

 

投稿者:豊田桂一



2010/08/06~08 銀座山野楽器本店 FLUTE WORLD 2010

2010年8月11日

8月6~8日の3日間、銀座山野楽器本店にて行われた「フルートワールド2010」に今年もブースを出展させていただき、豊田・真野の2人で行ってきました。

出展ブランドはアイハラ・アキヤマ・アルタス・サンキョウ・ナガハラ・パウエル・パール・バーカート・ブランネン・フルートマスターズ・ミヤザワ・ムラマツ・ヤマハ…と、

たくさんの楽器が展示されたり、プロフルーティストのコンサートやアマチュアフルーティストの皆さんによるコンサート、メーカーによるフルート解説講座などがあったりと盛りだくさんな3日間で、フルート愛好家の皆様にとって大満足のイベントだったのではないかと思います。

 

FMC製品は充分な本数を揃える事ができず、お客様のご期待に応えられないところもあったとは思いますが、多くのお客様に試奏していただき、さらに「吹きやすい」「すごく良いですね」などのお言葉も多数いただくことができ、大変嬉しく思いました。

ご来場いただいたお客様方、本当にありがとうございました。

そしてこのような素敵なイベントを企画・運営された山野楽器のスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

これからもこのようなイベントには積極的に参加していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

s-P1000021

 

s-2MAI

 

投稿者:真野杏美



2010/08/12~15 38TH ANNUAL NATIONAL FLUTE ASSOCIATION CONVENTION

2010年8月3日

日時:2010年8/12~15

場所:カリフォルニア州 アナハイム

 

アメリカで毎年行なわれているフルートコンベンションです。

これは、州ごとに持ち回りで開催されており、各国から約3,000人が参加する催しです。

 

FMC商品の販売を昨年から始めたフルートセンター・オブ・ニューヨークがブースを出展する為、日本から森園貿易の森園眞人社長と当社からは野島洋一が参加します。



2010/08/06~08 銀座山野楽器本店 FLUTE WORLD2010

2010年8月2日

8月6日~8日 銀座山野楽器本店にて毎年恒例の展示即売会が行なわれます。

FMCもブースの出展をしますので是非お越し下さい。

当日は豊田桂一と真野杏美が対応させていただきます。



2010/08/04 親子見学会

2010年8月2日

8月4日 オギノピアノ工房様主宰の親子見学会が行なわれます。

FMCもその企画に協賛し見学会を行います。